東京の永代供養墓・納骨堂|東京・新宿の永代供養墓・納骨堂なら永久の会墓苑

東京・新宿の永代供養墓・合祀墓なら
永久の会墓苑

本尊開帳法会と四国八十八カ所お砂踏み

4月18日、本尊開帳法会と四国八十八カ所お砂踏みを厳修いたしました。

朝から雨模様で足下の悪さを案じておりましたが、昼過ぎには雨も止み皆さまが集まる頃には傘を持たずに済みそうな空模様になり一安心致しました。

このような天気の中、お集まりいただきました檀信徒の方々に加え、偶然お参りに来られて法会にご参加いただいた方や、放生寺のホームページをご覧になりお越しいただいた方など、初めての方も交えての法会になりました。

ご開帳法会に続きまして、四国八十八カ所お砂踏みが行われました。

皆さま一歩づつ願いを込めて歩みを進めておられました。

初めてご参加された方が、お帰りの際に「とても良い経験をさせて頂きました!」と笑顔で話して下さいました。

境内では今、ツツジと山吹が皆さまをお見送りしておりました。

花盛り!

先週から好天に恵まれ、暖かいと云うよりも暑いほどの日が続き、境内の花が次から次へと忙しいくらいに咲いています。

早稲田では4月1日に早稲田大学の入学式が行われ、いつもこの頃に桜が満開になるのですが、今年は卒業式の頃が満開でした。

そして桜の木の下に目を移すと・・・

パンジーと水仙が咲いています。

そして例年はもう少し遅い参道の海棠も、一気に開き始めました。

こんな可愛らしい花も・・・

永久の会墓苑の阿弥陀堂があります光松殿(客殿)の前では庭桜が満開に開いています。

花が日々開いてゆくのを見ると心が晴れやかになりますが、あまりに早すぎてもう少しゆっくりと楽しませてもらいたいものだなぁと思ってしまいました。

梅が満開になりました!

この週末は4月の気温と言われるほど暖かくなり、4日午後2時の気温は22度と報じられています。

この暖かさに、境内の梅が次々と花を咲かせ、まるで雛祭りを祝うかのように満開になりました。

放生寺では毎年可愛いらしい雛飾りが飾られております。

京雛ですのでお殿様が向かって右側におられます。

その愛らしいお姿に檀信徒の方々や永久の会会員さまに「可愛いですね。」「思わず笑顔になりますね。」と喜ばれております。

雛祭りには桃の花ですが今年は満開の梅の花が彩りを添えてくれました。

永久の会墓苑、倶會一処墓苑の資料・パンフレット、
見学お申込みは、こちらから

資料請求・見学お申込みはこちら

0120-182-529
メールでも、資料請求・見学申込やお問い合わせができます!

トップ