東京の永代供養墓・納骨堂|東京・新宿の永代供養墓・納骨堂なら永久の会墓苑

東京・新宿の永代供養墓・合祀墓なら
永久の会墓苑

暁天護摩供を厳修致しました

毎年8月の恒例となりました暁天護摩供を1日午前6時より厳修致しました。

天気予報では雨の予報も出ておりましたが何とか午前中は雨が降ることもなく幾分涼しい朝を迎えることが出来ました。

青空の下ではなくて残念ですが、百日紅の花も随分開いてきました。

このような天気にもかかわらず十数人の檀信徒の方々にご参加頂き、護摩勤行を執り行いました。

護摩勤行の後はお写経を行い、その後これも恒例の「朝粥」を皆さんでいただきました。

初めて参加された方もおられましたので食事(じきじ)作法の説明にも熱心に耳を傾けておられ、皆さんご一緒での食事に自然と話しが弾んでおりました。

皆さん、早朝よりのご参加ご苦労さまでございました! 今年も暑い夏になりそうですが暑さに負けず頑張りましょう!!

施餓鬼盂蘭盆会厳修

30度を超える猛暑となりました七月八日、施餓鬼盂蘭盆会を厳修致しました。

この日は朝から嬉しいことが・・・

光松殿(客殿)前の蓮の花がこの日を待っていたかの様に開きました!

朝の光をうけて花びらの一枚一枚が透き通るような美しさです。

午後二時からの施餓鬼盂蘭盆会施餓鬼盂蘭盆会に参加されます皆さまにも観ていただけるかと喜んでおりましたが、残念なことにお昼前には花を閉じてしまいました。

この猛暑の中、法会には大変多くの方にご参加いただき、本堂の正面にも臨時の席を設けることになりました。

お暑い中、皆さま本当にご苦労様でございました。

小暑を過ぎこれから暑さも増して参りますので体調管理にご留意なさり健やかにお過ごし下さいませ。

こんなに梅が採れました!

今年は五月から夏日のような暑い日が続き、六月の初めには梅の実もこんなにも大きなりました。

まるで葡萄のよう・・・

早速、収穫~!!

同じたらいが二つ並んでいますが、実はこれ収穫した日が違います。

上の写真が最初に採った梅です。一日目に採りきれなかった枝の高い場所の実を、数日後にもう一度収穫致しました。

見比べて頂くと下のたらいの実の方が、より黄色味を帯びて熟してきているのが分かります。

つまり、今年採れた梅の実はこのたらい二つ分にもなりました!!大収穫!!

採れた梅は皆さんで分けて頂きます。それぞれに梅酒や梅サワー、梅干し、梅ジャム等を作られるそうです。

今年の恵みに感謝!合掌!

永久の会墓苑、倶會一処墓苑の資料・パンフレット、
見学お申込みは、こちらから

資料請求・見学お申込みはこちら

0120-182-529
メールでも、資料請求・見学申込やお問い合わせができます!

トップ