東京の永代供養墓・納骨堂|東京・新宿の永代供養墓・納骨堂なら永久の会墓苑

東京・新宿の永代供養墓・合祀墓なら
永久の会墓苑

謹賀新年

初春のお慶びを申し上げます。

元日の朝は雲一つ無い青空が広がり、清々しい一年の始まりとなりました。

新年を祝うかのように庭の蝋梅も花を咲かせ優しい香りがほのかに漂ってきます。

午前中に参詣されました方が「今日は朝からいいお天気で暖かいですね。」と笑顔でお声を掛けて下さいました。本当に気持ちまで明るくなるようないいお天気でした。

永代供養墓・永久の会墓苑でも朝からお参りに来られる方が多く、特に今年はご家族揃ってのお参りが多かったように見受けられました。

本堂では元旦から正月護摩祈祷が厳修され、お昼頃にはさらに参詣者が増え境内が賑やかになりました。

本堂へのお参りの後には、境内に建つ「恵方茅の輪くぐり」に興味を持たれる方が多く、自然と列もでき、明るい賑やかな声が響いておりました。

「笑う門には福来たる」と申します。たくさんの笑顔でたくさんの福をお授かりし、健やかな一年を過ごされますよう心よりご祈念申し上げます。

冬至祭・一陽来福授与

毎年、冬至より授与致しております放生寺の「一陽来福」のお守りは、江戸のむかし、神仏習合により寺社の区別がなかった頃(天保年間)より、除災招福・金銀融通の祈祷を修して授与致しておりますお守りです。

「一陽来福」のお守りを歳徳神(としとくじん・福徳を司る吉神)がおいでになります方向(恵方)に向けて貼りお祀りすることによって歳徳神の御利益を授かりください。

その年(新年)一年の全ての物や事が滞りなく融通され皆さまに多くの福が授かりますよう、冬至前七日間、観音の秘法を修し授与致しております。

今年の冬至も早朝よりご参詣の方の姿が見受けられます。

時刻はまだ6時前です。

午前7時より第一回目の「冬至祭護摩供祓い」が行われ、

この日一日で五回の「冬至祭護摩供祓い」が行われました。

今年はご参詣されました方々がますますの福をお授かりされますように「恵方茅の輪くぐり」を建てました。

一陽来福の福を授かりぜひ恵方に向かって茅の輪くぐりをされまして、笑顔が絶えることのない新年をお迎え下さいませ。

恵方茅の輪くぐり

12月22日の冬至祭を迎えるにあたり、今年は「恵方茅の輪くぐり」を行うための茅の輪を建てました。

高野山のお寺の正月迎え行事のひとつに「恵方参り」があります。

恵方は歳徳神(としとくじん:その年の福徳を司る吉神)がおいでになる方角です。

その恵方に向いている茅の輪をくぐることに依って除災招福を祈念致しますのが恵方参りです。

12月20日、その茅の輪作りが始まりました。

職人さんが鮮やかな手つきで茅の輪を作り上げていきます。

ひとつひとつの作業がとても丁寧かつ迅速に進められ、茅の輪の取り付けに掛かります。

重量もかなりある茅の輪をしっかりと固定し、周りを仕上げますと完成です。

最後に完成した茅の輪をバックに職人さんたちに記念写真をお願い致しました。

全行程でおよそ5時間の茅の輪作り、ご苦労さまでした。

ありがとうございました。

冬至より當山で授与致しております一陽来福の御札とご一緒に「恵方茅の輪くぐり」をされまして益々の福をお授かり下さいませ。

永久の会墓苑、倶會一処墓苑の資料・パンフレット、
見学お申込みは、こちらから

資料請求・見学お申込みはこちら

0120-182-529
メールでも、資料請求・見学申込やお問い合わせができます!

トップ