東京の永代供養墓・納骨堂|永久の会墓苑(新宿区)

東京の永代供養墓・納骨堂
永久の会墓苑(新宿区)

節分会を厳修致しました。

今年は例年よりも気温の高い日が多いですが、節分のこの日も14度という暖かな一日になりました。

そのお陰もあり、一陽来福の御札を授かれる最終日となりますこの日は、朝早くから多くの方が参詣され境内には賑やかな声が響いておりました。

本堂では星祭りの法要が厳修され、その法要の中で一年の息災安穏を祈願してお祓いが行われました。

出席されました皆さまも無病息災、厄災消除など一心に御祈願されておられました。

そして法要の後は、鬼も登場して楽しい豆まきです!今年も元気よく「福はうち!!」

お参りの方々にも「福はうち!!」

この賑わいに境内のしだれ梅も微笑むように花を咲かせました。

歳徳神のご加護を受け笑顔で健やかな一年を過ごせますように!

謹賀新年

初春のお慶びを申し上げます。

昨年の元旦は雲ひとつ無い晴天の年明けでしたが、今年も空の青さが眩しいほどの好天に恵まれた元旦でした。

風もなく陽差しの暖かさが感じられるためか、参詣に訪れる方々もどことなくゆったりとお参りされていたように見受けられました。

本堂では、元旦より七日間正月護摩祈祷が厳修されております。

護摩祈祷が始まりますと参詣の皆さまも一心にご祈願されておられました。

午後になりますと家族連れの参詣も増え、境内からは賑やかな声が聞こえてきました。

「笑う門には福来たる」と申しますが、小さいお子さんの笑顔は周りの方達を笑顔にして、福をもたらすのかも知れません。

皆さんも健やかに笑顔で過ごして沢山の福を授かりましょう!

特に今年は新たな元号となります年でもありますので、皆さまにとりましてもより一層の飛躍の年となりますようご祈念いたします。

冬至祭・一陽来福授与

今年も冬至祭に早朝より沢山の方に参詣頂きました。

毎年、冬至より節分までお授け致しております「一陽来福」のお守りは、江戸のむかし、神仏習合により、寺社の区別がなかった頃より当山が除災招福・金銀融通の祈祷を修して信徒に授与したのが始まりです。

その年(新年)一年の全ての物や事が滞りなく融通され皆さまに多くの福が授かりますよう、冬至前七日間、観音の秘法を修し授与致しております。

「一陽来福」のお守りを歳徳神(としとくじん・福徳を司る吉神)がおられる方向(恵方)に向けて貼り、お祀りされまして歳徳神の御利益をお授かり下さい。

また、冬至祭に併せて「恵方茅の輪くぐり」が建てられます。

新しい年を迎える準備として、恵方に向かって茅の輪をくぐり、厄災を除き、歳徳神の御利益で益々の福をお授かり下さい。

年末から年始にかけて大勢の方がご参拝に来山されます。大寒波の影響で寒さも厳しくなってまいりました。

皆さまくれぐれも暖かい服装で道中お気を付けてご参詣下さいませ。

永久の会墓苑、倶會一処墓苑の資料・パンフレット、
見学お申込みは、こちらから

資料請求・見学お申込みはこちら

0120-182-529
メールでも、資料請求・見学申込やお問い合わせができます!

トップ