東京の永代供養墓・納骨堂|東京・新宿の永代供養墓・納骨堂なら永久の会墓苑

東京・新宿の永代供養墓・合祀墓なら
永久の会墓苑

こんなに梅が採れました!

今年は五月から夏日のような暑い日が続き、六月の初めには梅の実もこんなにも大きなりました。

まるで葡萄のよう・・・

早速、収穫~!!

同じたらいが二つ並んでいますが、実はこれ収穫した日が違います。

上の写真が最初に採った梅です。一日目に採りきれなかった枝の高い場所の実を、数日後にもう一度収穫致しました。

見比べて頂くと下のたらいの実の方が、より黄色味を帯びて熟してきているのが分かります。

つまり、今年採れた梅の実はこのたらい二つ分にもなりました!!大収穫!!

採れた梅は皆さんで分けて頂きます。それぞれに梅酒や梅サワー、梅干し、梅ジャム等を作られるそうです。

今年の恵みに感謝!合掌!

ニオイバンマツリの花が咲きました。

今、ニオイバンマツリの花がとても綺麗に咲いています。

ニオイバンマツリは漢字で書くと「匂蕃茉莉」と書き、その意味は「匂=芳香がある」「蕃=外国から来た」「茉莉=ジャスミン」(花辞典より)という意味だそうです。

確かに柔らかな優しい香りがします。しかしジャスミンはモクセイ科でニオイバンマツリはナス科の植物ですので同種ではないようです。

この花の特徴は何と言っても一株の中に濃い紫色から白色まで細かなグラデーションで花が咲きそろう事でしょう。

花の咲き始めは濃い紫色で、徐々に薄い紫色になり、最後は白色になります。

南米産の花で暑さに強いため、ここ数日の五月とは思えないような夏日の中、生き生きと花を咲かせるニオイバンマツリを見ていると元気をもらえる気がします!

蓮の植え付け。

客殿(光松殿)入り口に置かれています睡蓮鉢に蓮の植え付けを行いました。

新芽が出はじめた蓮の株です。

左右に一鉢ずつ置き株を二株ずつ植えました。

無事に育ってくれれば夏にはこんなに綺麗な花を咲かせてくれる予定です。

この写真は以前池で育てた時のものですが、強い陽差しの中真っ直ぐに伸びる蓮の清爽な姿は涼風のような涼やかさを感じさせてくれます。

今年の夏が楽しみです。

永久の会墓苑、倶會一処墓苑の資料・パンフレット、
見学お申込みは、こちらから

資料請求・見学お申込みはこちら

0120-182-529
メールでも、資料請求・見学申込やお問い合わせができます!

トップ