東京の永代供養墓・納骨堂|永久の会墓苑(新宿区)

東京の永代供養墓・納骨堂
永久の会墓苑(新宿区)

花だより

暑さ寒さも彼岸までと申しますが、今年は三月上旬から気温が20度近くに上がる日もあれば、10度を下回る冬日に逆戻りしたりとなかなか安定しない日々が続いております。

境内の木々や花々もその影響からか、例年は彼岸会の頃に満開になる白木蓮が10日ほど早く12日には大きく花開きました。

先を競うように他の花々も咲き始め、参道は春の装いで華やいでいます。

まず参道入り口では色とりどりのパンジーと水仙がお出迎え。

週末に見頃となりそうな桜は五分咲きくらいでしょうか。

そして早くも海棠まで開き始めました。

これからも庭桜、ツツジ、牡丹など楽しい花便りが届きそうです。

春の足音!

三月に入り、早春のやわらかな陽ざしに境内の木々も芽吹き始めました。

境内ではいち早くしだれ梅と白梅が満開となり、

その白梅の香りに誘われてか、この時期になるとどこからともなく小鳥が訪れ代わる代わる密を啄む愛らしい姿を見せてくれます。

数日前の事ですが、小鳥にしては妙に枝がワサワサと大きく揺れているなと思いそっとカメラを向けてみると・・・

上のメジロと比べても三倍はありそうな小鳥(?)でした。ヒヨドリでしょうか?

小鳥が枝から枝へと渡る姿は「あぁ、春だなぁ。」と微笑ましく思えますが、これには「然もありなん。」と思わずと笑ってしまいました。

今日の暖かさに沈丁花や木蓮まで花開き始めましたので、これからますます境内にも春風に乗って甘い香りが漂い、また意外な来客も訪れることでしょう。

明日はひな祭り、放生寺にも可愛らしいお雛様が飾られています。

節分会を厳修致しました。

今年は例年よりも気温の高い日が多いですが、節分のこの日も14度という暖かな一日になりました。

そのお陰もあり、一陽来福の御札を授かれる最終日となりますこの日は、朝早くから多くの方が参詣され境内には賑やかな声が響いておりました。

本堂では星祭りの法要が厳修され、その法要の中で一年の息災安穏を祈願してお祓いが行われました。

出席されました皆さまも無病息災、厄災消除など一心に御祈願されておられました。

そして法要の後は、鬼も登場して楽しい豆まきです!今年も元気よく「福はうち!!」

お参りの方々にも「福はうち!!」

この賑わいに境内のしだれ梅も微笑むように花を咲かせました。

歳徳神のご加護を受け笑顔で健やかな一年を過ごせますように!

永久の会墓苑、倶會一処墓苑の資料・パンフレット、
見学お申込みは、こちらから

資料請求・見学お申込みはこちら

0120-182-529
メールでも、資料請求・見学申込やお問い合わせができます!

トップ