東京の永代供養墓・納骨堂|永久の会墓苑(新宿区)

東京の永代供養墓・納骨堂
永久の会墓苑(新宿区)

梅雨の彩り

今年は6月に入ってもなかなか雨が降らず暑い日が続いたためか梅の実りが早く、月初めには梅の収穫を迎えました。

収穫された実は、それぞれ梅酒や梅サワー、梅ジャムなどにして実りをいただきます。

一方、参道の紫陽花は雨を待つかのようにゆっくりと色づいていましたが、この数日の雨で一気に彩りを深めました。

雨が降ると紫陽花が元気になり、晴れて初夏のような日差しが降り注ぐと睡蓮が元気に開き光を弾くような艶やかな姿を楽しませてくれます。

四季折々の花々はいずれも清々しく、心を和ませてくれるものですね。

紫陽花も睡蓮もまだまだ小さい花をつけていますのでしばらくは楽しめそうです。

雨にも負けず風にも負けず

今、境内の一角にニオイバンマツリの花が綺麗に咲いています。

今年三年目になるまだまだ育ち盛りの花で、写真は昨日撮ったばかり。

ニオイバンマツリは漢字で「匂播茉莉」と書き、ジャスミンの香りがすると云われていますが、本当に優しいジャスミンテイーを思わせる香りがします。

綺麗に咲いたばかりなのに今日の猛風雨に花が飛ばされないかと心配していたのですが・・・

なんとか雨にも負けず風にも負けず頑張りました!!

でも少々ぐったりした様子です。昨日と比べると白い花が増えたように見えます。

ニオイバンマツリは咲き始めが濃い紫で徐々に薄紫、そして白へと変わっていきます。まだまだ蕾も沢山付いていますので、明日はまた陽差しを浴びて元気な姿を見せてくれるでしょう!

本尊開帳法会並びに四国八十八ヶ所お砂踏み

朝から気持ちの良い青空が広がった4月18日、年中行事であります本尊開帳法会並びに四国八十八ヶ所お砂踏みを厳修致しました。

この日は、法要の前に行われます法話の時間に御詠歌を教示頂いており、参詣に訪れた方の中にも興味を持たれた方が多く一緒に参加されておりました。

ご開帳法会では本尊様御厨子の扉を開帳して、皆さまの所願成就の観音護摩祈祷が厳修されました。

法会に続き、四国八十八ヶ所お砂踏みが行われ、当日参加された方々も、それぞれ願いを込めてゆっくりとお参りされておりました。

ご加護を授かりますように。

追伸:境内ではここ数日の暖かさに牡丹の花がどんどん開き、先日は白の牡丹が咲きましたとブログに載せたのですが今では深紅の牡丹も綺麗に開きました。

永久の会墓苑、倶會一処墓苑の資料・パンフレット、
見学お申込みは、こちらから

資料請求・見学お申込みはこちら

0120-182-529
メールでも、資料請求・見学申込やお問い合わせができます!

トップ